• ホーム
  • ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品となるまつげ育毛剤

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品となるまつげ育毛剤

2020年04月22日
目が美しい女性

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品で、まつ毛育毛剤として使われています。ルミガンには有効成分としてビマトプロストという成分が配合されていますが、その量は0.03mgとなります。ケアプロストの有効成分も同様で、ルミガンと同じものが配合されているだけではなく、配合量も0.03mgで同様になっています。同じ有効成分が同量配合されているので、ほぼ効果が同じということが言えます。使用方法も同じで夜寝る前に、まつ毛の根元へ塗り、その周りに付着した場合は色素沈着を起こすこともあります。

ケアプロストとルミガンはほぼ同じ効果や、使用方法になりますが一つだけ大きな違いが見られます。その違いは先発医薬品かジェネリック医薬品かということで、ジェネリック医薬品は先発医薬品のように開発費用が膨大にかかっていないことが特徴です。また先発医薬品がすでに流通しているため、ジェネリック医薬品の場合は広告費用なども最小限になります。そのため価格はリーズナブルでケアプロストは、ルミガンよりも安く購入することができます。ルミガンは医薬品になるので、入手する時は病院で診察を受けて処方してもらう必要があります。

ケアプロストはジェネリック医薬品で、まだ国内では認可されていないため処方箋をもらっても入手することができません。有効成分は同じですが製造方法や添加物などは、それぞれ独自の方法で製造されているため若干効果の出方に違いがあることがあります。これは一般的な先発医薬品とジェネリック医薬品に言われていることですが、ルミガンとケアプロストの効果に違いがあるという報告はないです。まつ毛育毛剤は長くなったまつ毛を維持するために、さらに毎日つけるものなので複数必要になるため安く買えるケアプロストの人気が高くなります。ケアプロストもアプリケーターで塗りますが、中には綿棒やリップブラシ、歯間ブラシなどを用いてつける人もいます。

人それぞれ目の大きさや形状、まつ毛の毛量なども違うため自分のあった代用品を使うのも一つの手です。ブランド力の高いルミガンを使用する人もいますが、安く購入できるメリットを選んでケアプロストを選択するケースもあります。どちらも効果はほぼ同じだと言えるので好みに合わせて使うことができますし、継続して使うことがまつ毛にとっては一番効果的です。夜寝る前につけることが基本で、朝につけると日中の紫外線の影響で目の周りが黒ずむ可能性があります。